振動数の話 ~斎藤 一人さんのお話

成功する人には、成功する振動数があります。

すべての物には、振動数があります。

人や物も原子の塊でできています。

原子って言うのは、絶えず振動していて、その振動を取り出したエネルギーって言うのが、原子力とかそう言うものなんだけど、人にも振動数って言うものがあるんです。

人間というのも宇宙エネルギーの集まりなんです。

人間だけが、振動数を変えられます。

ワクワクしたりすると、振動数が上がるようにできているんです。

振動数が下がると病気になる、女に逃げられる、とか、もうとんでもないことが起っちゃいます。

お釈迦様やキリストのオーラは外に向いています。

私たち人間は、落ち込むとオーラが内に向く。

そうすると、悪いことが起きちゃいます。

会社の部長に怒られたりして落ち込むとしますよね。

そうすると、問題は起こった部長じゃなく、落ち込んだ人に悪いことが起きちゃうんです。

性格が悪くても成功する奴がいます。

それは、性格より振動数だということです。

なので今から振動数を下げない方法を教えます。

振動数を上げるには、スピードを上げること、例えば、新幹線に乗るとか、早く歩くとか、仕事を早くするとか...

この早いものには、高い振動数が宿ります。

もし人からいろんな相談を受けて、向こうに合わせて落ち込んだらダメなんです。

振動数は、早いもののほかに、大きい声でしゃべったり、歌ったり、おしゃれをしたり、おいしい料理を食べたり、パーティーをするとか、大声で笑うとか...

そういう心からテンションが上がるものでも振動数を上げられます。

振動数が上がると、素敵な人になっていきます。

素敵になろうとしている人には、神様が応援してくれるようになります。

振動数が高い人には、悪いことが起きません。

もし起きても、それは良い方向に転換できます。

人間は、想像できる生き物です。

鳥を見て飛びたいと思う、ロケットを作って月にまで行く...

だから、今より素敵な自分を想像してみましょう。

真面目ジメジメと言って、真面目過ぎても振動数は下がります。

病気になる人には共通して、真面目過ぎるところがあるんです。

病気だったら反対に、私は健康です、私は元気ですって言うんです。

心が変われば、身体も治ります。

考え方が病気な人は、いつも病気のことを考えている。

私は健康ですを、1日10回言いましょう!

病気も「気」でできていて、元気というのも「気」でできています。

真面目に病気のことを考えても仕方がないのです。

気楽にしていないと、人はなかなか変われないんですよ。

買物が好きなら、買い物を楽しむ、釣りが好きなら、釣りに行く、エロ本が好きなら、買いに行くとか...

まずは自分が振動数を上げることを考える。

そうすると、魅力的になっていきます。

明日から会う人会う人の振動数を上げてあげようとして生きる。

この振動数を下げないで、これからはみんなで上げていきましょう。

天国言葉を使って、お互いに振動数を上げ合える世の中が素敵ですよね。

みんなで振動数を上げていきましょう!

以上です。

このお話は、斎藤 一人さんの名言を活字にしてお伝えしたものです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です